復活への道 株式編

株式市場に参戦後僅か1年間で投資金額の9割を溶かした間抜けトレーダーが、復活への道程を公開しています.

首が廻らず...

昨夜寝違えてしまって今朝から首が廻りません。

PFの方も、たくさん買い込んだせいか首が廻らなくなってきました。

週末のニュースを全て見たわけではありませんが、明るい材料よりもネガデータの方が多いような気がしています。

週初め、どうぞ穏便に通過してくださいますように。













Led Zeppelin−Babe, I'm Gonna Leave You



横横

今週の日経は+3。

ほぼイーブンの結果となりました。

前半は利上げ気運の高まりがあり爆騰したものの、
指標があまりに悪すぎて(先月が良すぎ?)利上げ気運があっさりと後退し暴落、
しかし、少なくともメインバンクが潰れる程の危機的な状況だけは脱した様だということで下げ渋る。

そんな感じだったでしょうか?

暫く、横横の動きになるのかもしれませんが、

懸念材料としてギリシア問題とかあるし、

ユーロが爆下げしたり、ユーロの急上昇に伴うドル円下落などがみられるかもしれません。

それに、例年3月は国内企業の送金で円高になり易い(今年の送金額は例年より少ない?)そうだし...

デフレ脱却のために日銀が円増刷(もしくは類似の施策)でもしない限り爆発的な上昇は期待できそうにありません。

いずれにせよ、信用期日が3月になっているものが結構あるので、来月は少し忙しくなりそうです。

【本日のトレード】

無し

【トレード開始後、本日終了時までの収支】
¥−10487278(先週比+614854)

*含み損益込みでの収支です。
*信用配当金含む
*現物配当金含まず

【総投資額】
1800万+200万+150万+α=7150万

【週間日経平均】
10123→10126(+3)

【月間収支】
+502980

【日経平均の推移(月間)】
10198→10126(−72)

MC Hammer−U Can't Touch This



経済音痴...orz

日経が下げて、今日のアメリカも下げ。

あかんねこれは...

公定歩合が切り上げになれば、FFレートもそのうち上がるんでしょう?

って思っていたわけですが、出てくる指標が悪いものばかりで、要人の発言も「政策金利はまだまだ据え置き」って発言ばかりですから、

完全な糠喜びとなりました。

07年8月の利下げは確かにFFレートの話だったわけで、そっちが動かないと駄目なんだよねえ。

経済音痴丸出しですみません。

で、アメリカの公定歩合と政策金利(FFレート)の関係をよ〜く見直してみました。

ぜ、ぜんぜん連動してない!

うっそー???

1987年からの動きを調べてみると、2002年頃からは全くの非連動となっているようですね。(少なくとも調べた範囲ではそうなるけど少々資料不足かもしれません)

???

お馬鹿な私には到底理解できません。

02、03年頃からのFFレートの上昇は一体なんだったのでしょうか?

これこそまさにバブルだったということなのでしょうか?

う〜む、頭が痺れてきた〜

とか書いてる間に、ダウ:−180突破、ドル円88円台突入。

...orz

まあ、少なくとも明日は覚悟しないといけないようです。


【本日のトレード】






期日の迫ってきた銘柄の現引きのため、利の出ている(数少ない!)現物を手放しました。

利といっても僅かですし、しかも一応defensive銘柄。
配当のことを考えると非常に勿体無いところですが、背に腹は代えられません。


Shania Twain−You're Still The One




恥を知る...orz

公定歩合の引き上げで超強気になっていたのですが、今日の下落で萎えました。

「恥を知れ!」と公聴会で怒鳴られているトヨタ並みの恥ずかしさです。


でも、

おいらのことはさておき、

世界のトヨタ様に「恥を知れ!」とは一体何事やねん。

そもそも他所の国の大企業をここまでコケにしてええんかい?(怒)

しかも、現地社長では納得できないからトップを呼べ!ときたもんだ。

何様〜??

アメリカの企業が何か問題を起こしたとして、

しかも、その可能性が少しはあるといった程度で、

企業のトップをわざわざ日本の国会に呼びつけられますか?

あり得んことやと思いますわ。

あの〜、超むかつくんですけど...

政府が面と向かって動けないことぐらいはわかりますけど、

こういう時に、≪子供社長≫とかいって揶揄している馬鹿なメディアには更に憤りを覚えます。

朝日新聞とか、ここが出番じゃないのかえ???

頼むから、仕事しようぜ!

別に、トヨタを擁護しろといってるわけではなくて、アメリカの姿勢に対して
日本人がどう感じているかというメッセージ。

是非そういった視点で論陣を張って欲しいものだと思います。

トヨタが駄目でもアメ車よりはましでしょ?

なんてことまで書けとは言いませんから...

そんなことは世界中誰もが知ってますからね。

【本日のトレード】




吉田拓郎−今日までそして明日から




Lacrimosa

昨日は更新をサボってしまいました。

すみません。

で、今日は、

仕事上のダメージで、とてもじゃないけど更新する気力が湧かないので、数行で終わらせていただきます。

株のことで気分が↑↓しているわけではございませんのでご心配なく。



何度も同じ言葉を聞いていると、言葉の重みがわからなくなってしまうことがあります。

今日は、そのことを思い知らされました。

【昨日&本日のトレード】

無し

Mozart−Requiem(Lacrimosa)



You Spin Me Round

子供手当てを所得税増税で賄おうと仰ってる大臣様がいらっしゃる様です。

お金がどこにあれば、本当に有効な消費が得られるものなのか、よ〜く考えて貰いたいものです。

まあ、わかってて言ってるんでしょうけどね。

いつだって、公務員、医者、不特定の金持ち、この3つを叩いていれば選挙の票は集まりますから...

しかも、今回は、何もしなくても天からお金が降ってくるというそうな。

人心操作術に長けているという点においては、

まさに、オレオレ詐欺犯級の小賢しさであろうかと思います。

株価の不安材料、

それはまさに、民主党

なのであります。












Britney Spears−You Spin Me Round



paradoxical reaction

FRBが遂に公定歩合を引き上げました。

以前から何度も書いていますが、この意味はとてつもなく大きなものと受け止めています。

JAL問題とか、TOYOT問題など実はどうでも良い!
(TOYOTAが潰れたら日本の一人負けになりますが)

中銀の中の中銀が出口戦略を講じ始めたのだから、今後5、6年ぐらいは買い目線でOKだ!!!ってぐらいに、この時を待っていました。

苦節一年。耐えに耐えて...

で、今日。

株価大暴落!!!


ぎゃああああ



が、しかし、、、

普段なら相当に萎えるところですが、今日はそれ程落ち込んでいません。

・・・・・・・

2007年8月17日、FRBは利下げ路線に方向転換しました。

株価は大暴騰!

あの時私は、単純にも、【利下げ→株価上昇】という根拠の無いルールを学習してしまったのですが、その後の1年が一体どんなものであったことか...orz

今は、まさにその逆。

あの時と同じ様に一旦は逆方向への動き(奇異反応)がみられるかもしれませんが、早晩上昇に転じるでしょう。(暫く停滞するかもしれませんが)

しかも、利下げの為替に対する影響が≪円高≫であるのに対して、利上げによる影響はもはや言わずもがな。

さあ、全力で外貨を買いましょう!

どうせ、日本だけデフレのままですから...

各国が利上げ時期を模索している中、日銀は出口戦略どころかまだまだデフレ対策に追われています。しかも、ここ数日の報道を見る限りでは、未だまともな対策は練られておらずあくまで他力本願のままの様です。

まさに、


5年〜10年に1回のチャンス!



しかし、金がないっす...orz

もし、独身だったなら、ドル、ユーロ、豪ドルあたりを買い捲ります。

ついでにルピーも買いたいものだ。

でも、奥様の信用は既になく、証券口座外の資金は全て握られております。

う〜む、残念。

・・・・・・・

今日書いたことは、あくまで個人的な予想に基づくものですし、まああくまでも、当たるも八卦当たらぬも八卦ということで...

【本日のトレード】

無し

【トレード開始後、本日終了時までの収支】
¥−11102132(先週比−85098)

*含み損益込みでの収支です。
*信用配当金含む
*現物配当金含まず

【総投資額】
1800万+200万+150万+α=7150万

【週間日経平均】
10092→10123(+31)



レミオロメン−太陽の下



夢想

ここのところ、なんやかんやで夜更かし気味になっています。

時々、ぎゃ〜とか、猛烈に叫びたくなる程何かに追いまくられてる感じで不健康極まり無い...

いろいろなしがらみから解放されて、南の島でぼーっと過ごしてみたい。

どこの誰というわけでもなく、人との接触を最小限に抑えて、自由気儘なその日暮らし。


憧れ



・・・です。

まあ、、、別にしたい様にすれば良いだけのことなんだけど、

なかなか越えられない壁があるんですよねえ。

早期にリタイアしての海外永住とか思い切った転職とか、はたまた日本の田舎も良いよなあ...とか、、、

最近はそんなことばかり考えてます。

夢想するのはただですからね。

・・・

ちょいと疲れ気味のようですのでこの辺で...

【本日のトレード】

無し

中島みゆき−アザミ嬢のララバイ




買い馬鹿一代

今日の結果には満足です。

毎日こんな風にはならないわけで、明日はそれなりの反動を覚悟しておきます。

基本スタンスは、


買い馬鹿一代



で、当分変わりません。

個別銘柄をちょっと眺めてみると、これがまた結構空売りが入っているので吃驚します。

多くの人がその様に考えているわけですから、

ちょっと不安にもなりますね。

【本日のトレード】




強制ロスカットになった東ソーですが、すかさず買い直しました。

Never Say Good Bye!


どう考えてもただのストーカー...

Bon Jovi−Never Say Good Bye



才覚無し...

日経が曲りなりにも上昇したのに資産減。

こういう日は寝るに限る。

というわけで、今日の更新はこれだけにしておきます。

すみません。

【本日のトレード】

無し

やる気無し、余裕無し、才覚無し。

術がありません...orz

 | HOME |  »

Appendix

junjun

Author:junjun


    友人の勧めもあって株式市場に参加したのは2005年12月のことでした。それから随分と長い時間が経過したような気がします。最初はFXで『元』を買って「これは絶対大化けする」と偉そうなことを言っていたんだけど、急激な円高に見舞われ、ギブアップ!それでもって、資金を全部株式に投入したのが2006年の1月16日。その日の夕方ライブドアに検察が・・・。わけわかんねえ!確か2日間ストップ安だったなあ。それで3日目の寄付きで全て手放した途端、暴騰して、翌日にたらふく買い込んだら、今度は全面安。その後2月には、新興が下がってきたので資金を増額!しかし、どこまでも下がる下がる・・・。2月21日からの反発には、初日の時点で「もう騙されんぞ!」と全部売っ払ってしまい、4、5日傍観した後で、再度買ったらそこから調整で下落。普通ここで、ちょっと相場を離れるとかするもんだけど、馬鹿な私は、なんとなんと『信用取引申込書』を取り寄せてしまう。…更にはなけなしの資金をつぎ込んで...。2006年4月からのエンドレスな新興暴落のため、資産の9割を溶かすことになりました。
    ・・・2007年には再起を期してブログを始めるも、バナーズの大暴落に巻き込まれ、宮入バルブで大損をぶっこき、大幅に下げたテレウェイヴではナンピン地獄に嵌った挙句に大底での損切り!・・・ワールドロジで何とか立ち直りかけたと思ったら、ザラ場中のIRでアボーン!!!・・・その後は、よせば良いのに、年度代表セクターの海運を空売りして追証地獄となりましたが、年度末にかけて何とか復活の手応えを感じ始めた今日この頃です...。ほんま?
    大体、儲かった(もしくはかつては儲かっていた)系のブログが多いんですけど、こんなのもあって良いかな...。復活するか退場するか?もちろん復活ですたい。≪07年末日 記≫

    【追記1】
    08年度以降のことは、もはや書くまでもないってことです。≪08年末日 記≫

    【追記2】
    リーマンショックで退場寸前まで追い込まれたものの、秘奥義:無限難品拳で奇跡の復活!
    しかし、生来の強欲さが災いし、なかなか資産を増やすことができず、もがき苦しんでいる今日この頃です。≪10年5月 記≫

    【2005年度収支報告】
    記録無し
    (12月開始でありほぼ±0)

    【2006年度収支報告】
    4月中旬までの記録無し.
    (逆算してみると・・・・・・
    この時点での収支:        −8089245)
    4月17日(月)から1週間:  −4050365
    4月24日(月)から1週間:  +502175
    5月収支−3172666
    6月収支+2476415    (1000000入金込み)
    7月収支−2223744    (250000入金込み)
    8月収支−1235116
    9月収支−218098     (250000入金込み)
    10月収支+294789
    11月収支+1099395    (1000000入金込み)
    12月収支−905845

    05&06年度総収支
        −15522305

    【2007年度収支報告】
    1月収支 −473037
    2月収支 −458689
    3月収支 −1588689
    4月収支 −391702
    5月収支 +500494
    6月収支 −430438
    7月収支 −1386812
    8月収支 +1179093
    9月収支 −2416081
    10月収支+679301
    11月収支+2493800
    12月収支+1806479  

    年間収支:−486281

    【2008年度収支報告】
    1月収支 −1779266
    2月収支 +4224421
    3月収支 −5800674
    4月収支 +2528955
    5月収支 +1715167
    6月収支 +1754733
    7月収支 +129760
    8月収支 −1317734
    9月収支 −9106362
    10月収支−16627062
    11月収支−3842899
    12月収支+939859  

    年間収支:−27181102

    【2009年度収支報告】
    1月収支 −1975568
    2月収支 −2324371
    3月収支 +6288592
    4月収支+10473892
    5月収支 +8175787
    6月収支 +4590410
    7月収支 +4847593
    8月収支 +3534371
    9月収支 −3949055
    10月収支 +783072
    11月収支−9838474
    12月収支+10910261
    年間収支:+31516510

    【2010年度収支報告】
    1月収支 +682920
    2月収支 +502980
    3月収支+13750682
    4月収支 +3340648
    5月収支 −8572369
    6月収支&7月収支
          −4754423
    8月収支 −9329345
    9月収支 +5258261
    10月収支−2082625
    11月収支+8819816
    12月収支+7008606

    年間収支:+14624951

    【2011年度収支報告】
    1月収支 +607617
    2月収支 +8003365
    3月収支 +6039221
    4月収支 −2763970
    5月収支 −3424208
    6月収支&7月収支
         −317145
    8月収支−11786445
    9月収支 −4190420
    10月収支+3731600
    11月収支−7334519
    12月収支−15178

    年間収支:−11450082

    ブログ開始後最低収支
    −51497949
    <H20/10/29>

    ブログ開始後最高収支
    +18294317
    <H23/7/8>



【株口座の資産変化】

<2006年12月終了時点>
18000000→2477695
−15522305/−86%


<2007年12月終了時点>
27000000→10991414
−16008586/約−59%
(年内入金額:9000000)



<2008年12月終了時点>
70000000→26810312
−43189688/約−62%
(年内入金額:43000000)



<2009年12月終了時点>
71500000→59826822
−11673178/約−17%
(年内入金額:1500000)



<2010年12月終了時点>
71500000→74451773
+2951773/約+4%
(年内入金額:0)



<2011年12月終了時点>
44500000→36011691
−8488309/約−19%
(年内入金額:3000000)
(FX口座への出金額:30000000)



*FX口座込での資産変化は毎・日曜日にアップしています.

  • RSS 1.0

  • HTML 4.01

  • RSS FEED

  • お小遣い稼ぎ!
    スマホでお小遣い稼ぎ!
    DTIブログポータルへ
    このブログを通報
    Report Abuse

    Monthly

    Categories

    Calendar

    « | 2010-02 | »
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 - - - - - -

    【トレードスタイル】

    基本的に逆張り

    【座右の銘】

    継続は力なり


    【トレードの視点】