復活への道 株式編

株式市場に参戦後僅か1年間で投資金額の9割を溶かした間抜けトレーダーが、復活への道程を公開しています.

I Don't Wanna Talk About It

大体朝一番で確認する画面は、【日経平均採用銘柄 値上がり率・値下がり率ランキング】だったりするわけですが、、、

本日の値上がり率ランキングトップの座は、シチズンとなっておりました。

長い間ず〜っとホールドして、ようやく金曜日にお別れしたばかりなのに〜

この時点で、完全に萎えました。

日経の下げは予想を遥かに超えていたものの、≪下げる→負ける≫は想定内のこと。

問題は、マイナス金額が日経平均の下げに対して納得できるものであるかどうかなのです。

で、結果は、、、

納得できねえ!!!


日経だけじゃなく、オイラのハートも激しく凹みました。

もはや何も語れません...orz

・・・・・・・

何?

GMが破綻するかもって?

これだけ時間がありながら、きちんとした再生プランを出せないんじゃあ仕方がない。

とっとと、潰してやってください!

【本日のトレード】

無し

Rod Stewart & Amy Belle−I Don't Wanna Talk About It


言うは易し...

7000円から8700円まで一気に駆け上がった日経ですが、ここ数年のチャートを見る限り、たとえ上昇トレンドであったとしても大体は+1500円〜+2000円で一旦の調整を挟んでいるようです。

だから、これからの1週間は調整かなあ...と思うのですが、そんなこと考えながらも損切り出来ないまま買い玉をたくさん持ち越している自分に一言。

不言実行!


でも、生活全般においても意志薄弱なおいらには土台無理なことなのです。

よって、今週の作戦は、、、≪保有銘柄の下落には目を瞑り、25日線まで落ちてきた銘柄をサクサク追加で買っていく≫ってことにしました。

どうか持ち越した銘柄の下落が最小限に収まります様に!

今週は守りの週!
ってぐらいに割り切って考えておきます。










Janet Jackson−Come Back To Me



調整局面?それとも...

さすがにそろそろ調整場面かと思いつつ、それでも心の片隅では目の覚めるような爆上げを期待しながら迎えた今日...

やっぱりかよ!
ってことで寄り天となってしまいました。

昼からの一瞬の見せ場(上昇気配)で少しワクワクしましたが、完全に上値を抑えられてる(というか上値が重たい)感じだったので、利の出ているものはほとんど手放しました。≪と言っても、僅かなのですが...≫

これで、現物+信用のトータル保有額が1千万程減りました。

ついでに、信用期日の迫っているものの中から、4銘柄を現引きしました。

またまた奈落の底に落下していくのか、それとも数日の調整で再度上を目指すのか、今日の上髭陰線は騙し線でしたということになってこのまま更に過熱した上昇を見せるのか...

来週のことはさっぱりわかりません。

ただ、≪数日の調整≫という線で手前勝手な予想を立てております。

日経平均、25日線まで調整、その後反転しGC形成で、5月上旬まで上!なんてことになったら、とっても嬉しい話ではありますが...

今宵は、久しぶりにダウの動向を気にせずに眠れそうです。


【本日のトレード】






【トレード開始後、本日終了時までの収支】
¥−36313556(先週比+6767305)

*含み損益込みでの収支です。
*信用配当金含む
*現物配当金含まず

【総投資額】
1800万+200万+150万+α

【週間日経平均】
7945→8626(+681)

Cyndi Lauper−Time After Time



墜落恐怖症

≪権利落ちで寄り底≫の予感はなんとなくあったのですが、最後の悶絶上げには全くついていけませんでした。
(日経が70程上昇したのに対して、おいらのPFは+30程度しか反応せず)

まあ、それはそうとして、そろそろ過熱感が出てきましたね。

今更新規の買いで入るのは怖いし、かといって優良銘柄の貸借倍率を見る限り安易に空売ったら恐ろしいことになりそうな予感がします。

東証一部の騰落レシオは25日で121、6日で225(昨日より40ダウン)と微妙なところ。

ダウ&ナスのレシオはまだ100直前であり、もう少し上がありそうな気もする。

チャート的には日経:雲抜け直後、ダウ:雲直下にて、、、上値抵抗線として主なものは見当たらない。

なんてことを一応は考えておりますが、優柔不断なので大きな決断はたぶんできないでしょう。

他の判断材料としては、≪天井は月の前半(1日から10日頃)、底は月の後半(15日〜月末)≫といったおいらなりの全く根拠の無い経験則があります。

都合良く4月10日頃まで上昇してくれれば嬉しいのですが...
そんな欲をかいた時にはどうなるのかってこと、よ〜くわかっているつもりです。

いずれにせよ、当面のキーワードは、、、【蜘蛛の糸】ということになりそうです。

暫くは、墜落の恐怖と闘うことにことになるでしょう。


【本日のトレード】

無し

Maurice White−I Need You


権利と義務

かなりの調整を覚悟していたのですが、権利日ということもあってか最近ではみたことがないほど粘り強かった今日の日経。

その分、明日の寄り付きで喰らうんでしょうね。

ここまできたら、権利落ちが怖いなんてこと言ってられません。

貰えるかどうかわからない配当&優待ですが、がめつくゲットを目指しました。

さすがに、新規で買う気にはなれなかったけど...

明日は、権利獲得と引き換えに義務を果たさなければならないでしょう。

【本日のトレード】

無し

竹内まりや−駅


倒産懸念株の逆襲

昼から垂れるかと思いきや、最後には再度の上昇を見せた株式市場。

正直、吃驚です。

個別のチャートでは、売り玉を仕込みたくなるような銘柄ばかりなのですが、当面はダウレシオだけを手掛かりに様子をみたいので、今日も放置のまま。

しかも明治製菓を2枚だけ追加しました。

パイオニア、CSK、セゾン、アイフルなど、このまま倒産するのかと思われた様な銘柄達がとっても元気です。

さすがに怖くて買えなかったわけですが、ホルダーの皆様、おめでとうございます。



【本日のトレード】




Scorpions−When the smoke is going down





synchronicity

ここ数年不思議に思っていることがあります。

数年間受診が途絶えている患者さんのことをふと思い出して、『あの人元気ににやってるかなあ...』なんてことを考えることが時々あるわけですが、そうすると、不思議なことに、当日、もしくは数日以内にその方が受診してくるのです。

ある特定の方というわけではなくて、通常は全く意識野に登場することのない数多くの患者さんの中の一人でしかない筈なのですが......


こういった事象のことをユングは共時性(synchronicity)という言葉で説明しています。

今日も、出勤時にふとある患者さんのことを思い出し、『随分みてないけどどうしてるんやろ...』と考えていたら、いきなり昼から受診されました。

2年ぶりに...


まあ、もちろん科学的なエビデンスは何もないんですけどね。

こういうのは、一般的には予知能力という言葉で説明されたりもします。

凄いやん!予知能力があるなんて!!


なんてことあるわけない!!!

そのことは、これまでのおいらの株取引が実証しています。

いやいや、もしかして欲が絡むと逆を選択するってことだけなのかもしれないぞ。

早速明日から検証してみます。(←天然馬鹿)

【本日のトレード】

優待取りのために伊勢丹を現引きしました。




The Police - Synchronicity



あの日にかえりたい

各国の首脳達が株価対策に奔走している状況の中、我が国の総理から含蓄のあるお言葉あり。

「株をやってる奴は田舎では怪しい」


宇宙人なみの≪空気読めなさ≫にびっくり!!

ここまで来れば、わざとやってるんじゃないのか?って疑いたくもなります。

ただよくよく考えてみると、【言い得て妙】の感もあります。

ここ数年、≪専業トレーダー≫という言葉を良く聞きますが、

「お仕事は?」って聞かれて、『専業トレーダーやってます』なんて答えても、「何、それ?(怪しげな奴)」と思われるだけのことでしょう。

1億、2億儲けてる人なんて稀なわけでしょうし、例えそれぐらい儲けていたとしても「運が良かったんだね、きっと...」ぐらいにしか思ってもらえないことでしょう。

200億円の資産を誇るBNF氏が『ただのニートですよ』って言うと、さすがに≪尋常ではない才気≫を感じますが、そういうのはほんと一握りの話。

ほとんどの場合は、≪=ニート≫って具合に認識されてしまうのかと...

専業の人って、、、ほんと厳しいだろうなあと思います。

かといって、兼業なら良いかというと、そうでもない。

それは、このブログを見れば明らかなこと...

つまり、、、株なんかせずにコツコツ働けってことなのでしょうね。

だけど、今更そんなこと言ったってねえ...orz

株のことなんて考えもしなかったあの頃...

・・・あの日にかえる方法がわかりません。










荒井由実−あの日にかえりたい


なんとなくの愚痴

いつにも増して更新が遅くなりました。(只今AM2時過ぎ)

何で遅くなったかと言うと、書類の山と格闘していたからです。

何で書類がそんなに溜まるのかと言うと、最近ちょっとオサボリだったからです。

だから、自分が悪い。


でも、愚痴を少しだけ...

何で、階下の薬局の方はあんなに早く帰れるのだろう?

診療終了後30分後には、既に鍵が閉まって御帰宅後!なんて信じられないっす。

どんだけ要領が良くても、幾らなんでもそりゃあないでしょう!

って、、、おいらはここ数年ずっと思っています。

コストパフォーマンス的には絶対に負けてるわ。


それから、

世間では、【開業医は勤務医に比べて楽して儲けてる】と思われがちですが、少なくとも精神科に関してそれは無い!・・・と言いたい。

それから、【医者は薬を出せば出す程、儲かる】なんてことを未だにおっしゃる方がいらっしゃいますが、そんなことは露ほども無い。(少なくとも院外処方において)・・・薬は7種類以上出すと、点数減になります!!

すみません。遅くなって頭が疲れてくると、ついついぼやいてしまいます。

・・・・・・・

株の方は、本日予想通り下げましたが、思ったほどの下げでなくてほっとしました。

ただ、現在のダウを見て、為替を見て、、、そんな安堵感は吹っ飛んでいます...orz

少なくとも、為替の方は(ドル円は)25日線で止まると思っていました〜

今日は、郵船と7&Iの注文が刺さらずにがっくり来てましたが、それはそれでよかったのかもしれません。

【本日のトレード】

無し

【トレード開始後、本日終了時までの収支】
¥−43080861(先週比+4899700)

*含み損益込みでの収支です。
*信用配当金含む
*現物配当金含まず

【総投資額】
1800万+200万+150万+α

【週間日経平均】
7569→7945(+376)

J-WALK‐JUST BECAUSE



Still Got The Blues

今日は嫌〜な陰線がたくさん出現しているみたいです。

心にゆとりがあれば、一旦手放し、【明日も上げれば空売り、下げればそこで買い直し】という作戦になるだろうとは思うのですが、ここまでの含み損の大きさが、もはや理性的判断を拒んでしまっているようです。

株取引で一番重要なのは、やっぱり精神力とういうことになるのでしょうか?

注目している薬セクターですが、なかなか狙ったところまでは下がってくれません。

たぶん逃げられるんだろうなあ...

早まって買ってみたら、そこからずんずん下げるくせに、きちんと我慢したら嘲笑うかのような寸止めを喰らってしまう。

まさに、人生の縮図です。

【本日のトレード】

無し


Gary Moore - Still Got The Blues




まだまだ青字だらけのポートフォリオ 乙!

 | HOME |  »

Appendix

junjun

Author:junjun


    友人の勧めもあって株式市場に参加したのは2005年12月のことでした。それから随分と長い時間が経過したような気がします。最初はFXで『元』を買って「これは絶対大化けする」と偉そうなことを言っていたんだけど、急激な円高に見舞われ、ギブアップ!それでもって、資金を全部株式に投入したのが2006年の1月16日。その日の夕方ライブドアに検察が・・・。わけわかんねえ!確か2日間ストップ安だったなあ。それで3日目の寄付きで全て手放した途端、暴騰して、翌日にたらふく買い込んだら、今度は全面安。その後2月には、新興が下がってきたので資金を増額!しかし、どこまでも下がる下がる・・・。2月21日からの反発には、初日の時点で「もう騙されんぞ!」と全部売っ払ってしまい、4、5日傍観した後で、再度買ったらそこから調整で下落。普通ここで、ちょっと相場を離れるとかするもんだけど、馬鹿な私は、なんとなんと『信用取引申込書』を取り寄せてしまう。…更にはなけなしの資金をつぎ込んで...。2006年4月からのエンドレスな新興暴落のため、資産の9割を溶かすことになりました。
    ・・・2007年には再起を期してブログを始めるも、バナーズの大暴落に巻き込まれ、宮入バルブで大損をぶっこき、大幅に下げたテレウェイヴではナンピン地獄に嵌った挙句に大底での損切り!・・・ワールドロジで何とか立ち直りかけたと思ったら、ザラ場中のIRでアボーン!!!・・・その後は、よせば良いのに、年度代表セクターの海運を空売りして追証地獄となりましたが、年度末にかけて何とか復活の手応えを感じ始めた今日この頃です...。ほんま?
    大体、儲かった(もしくはかつては儲かっていた)系のブログが多いんですけど、こんなのもあって良いかな...。復活するか退場するか?もちろん復活ですたい。≪07年末日 記≫

    【追記1】
    08年度以降のことは、もはや書くまでもないってことです。≪08年末日 記≫

    【追記2】
    リーマンショックで退場寸前まで追い込まれたものの、秘奥義:無限難品拳で奇跡の復活!
    しかし、生来の強欲さが災いし、なかなか資産を増やすことができず、もがき苦しんでいる今日この頃です。≪10年5月 記≫

    【2005年度収支報告】
    記録無し
    (12月開始でありほぼ±0)

    【2006年度収支報告】
    4月中旬までの記録無し.
    (逆算してみると・・・・・・
    この時点での収支:        −8089245)
    4月17日(月)から1週間:  −4050365
    4月24日(月)から1週間:  +502175
    5月収支−3172666
    6月収支+2476415    (1000000入金込み)
    7月収支−2223744    (250000入金込み)
    8月収支−1235116
    9月収支−218098     (250000入金込み)
    10月収支+294789
    11月収支+1099395    (1000000入金込み)
    12月収支−905845

    05&06年度総収支
        −15522305

    【2007年度収支報告】
    1月収支 −473037
    2月収支 −458689
    3月収支 −1588689
    4月収支 −391702
    5月収支 +500494
    6月収支 −430438
    7月収支 −1386812
    8月収支 +1179093
    9月収支 −2416081
    10月収支+679301
    11月収支+2493800
    12月収支+1806479  

    年間収支:−486281

    【2008年度収支報告】
    1月収支 −1779266
    2月収支 +4224421
    3月収支 −5800674
    4月収支 +2528955
    5月収支 +1715167
    6月収支 +1754733
    7月収支 +129760
    8月収支 −1317734
    9月収支 −9106362
    10月収支−16627062
    11月収支−3842899
    12月収支+939859  

    年間収支:−27181102

    【2009年度収支報告】
    1月収支 −1975568
    2月収支 −2324371
    3月収支 +6288592
    4月収支+10473892
    5月収支 +8175787
    6月収支 +4590410
    7月収支 +4847593
    8月収支 +3534371
    9月収支 −3949055
    10月収支 +783072
    11月収支−9838474
    12月収支+10910261
    年間収支:+31516510

    【2010年度収支報告】
    1月収支 +682920
    2月収支 +502980
    3月収支+13750682
    4月収支 +3340648
    5月収支 −8572369
    6月収支&7月収支
          −4754423
    8月収支 −9329345
    9月収支 +5258261
    10月収支−2082625
    11月収支+8819816
    12月収支+7008606

    年間収支:+14624951

    【2011年度収支報告】
    1月収支 +607617
    2月収支 +8003365
    3月収支 +6039221
    4月収支 −2763970
    5月収支 −3424208
    6月収支&7月収支
         −317145
    8月収支−11786445
    9月収支 −4190420
    10月収支+3731600
    11月収支−7334519
    12月収支−15178

    年間収支:−11450082

    ブログ開始後最低収支
    −51497949
    <H20/10/29>

    ブログ開始後最高収支
    +18294317
    <H23/7/8>



【株口座の資産変化】

<2006年12月終了時点>
18000000→2477695
−15522305/−86%


<2007年12月終了時点>
27000000→10991414
−16008586/約−59%
(年内入金額:9000000)



<2008年12月終了時点>
70000000→26810312
−43189688/約−62%
(年内入金額:43000000)



<2009年12月終了時点>
71500000→59826822
−11673178/約−17%
(年内入金額:1500000)



<2010年12月終了時点>
71500000→74451773
+2951773/約+4%
(年内入金額:0)



<2011年12月終了時点>
44500000→36011691
−8488309/約−19%
(年内入金額:3000000)
(FX口座への出金額:30000000)



*FX口座込での資産変化は毎・日曜日にアップしています.

  • RSS 1.0

  • HTML 4.01

  • RSS FEED

  • DTIブログポータルへ
    このブログを通報
    Report Abuse

    Monthly

    Categories

    Calendar

    « | 2009-03 | »
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    【トレードスタイル】

    基本的に逆張り

    【座右の銘】

    継続は力なり


    【トレードの視点】